• おすすめの本
    自己啓発系書籍の選び方のコツ!タイプ別に紹介します!
    2018年10月21日
  • 自己啓発の取り組み方
    他人の自己啓発の取り組み気になる!どんなことしてるの??
    2018年10月21日
  • おすすめの本
    20代におすすめ!自己啓発をしたい人におすすめの4つの本とは?
    2018年10月18日
  • 自己啓発の必要性
    自己啓発の意味と目的は?メリットとデメリットとは?
    2018年10月18日

 

 

思考法の本が世に溢れ返っていますがそんな中でも名著、良書があります。

新しい本を読むのも良いのですが名著、良書はそう呼ばれるだけの価値があるというものです。

 

せっかく思考法を学ぶなら良いものから入門したい!という方もいるかと思います。

そんな思考法の名著、良書を5つご紹介していきますね。

スポンサーリンク

 思考法の名著

■当たり前のことを徹底してやる

◇凡事徹底(著:鍵山秀三郎)

 

有名な言葉(考え方)なので知っている方も多いかと思いますが「当たり前のことを当たり前にする」のではなく「他の人には真似できないほど徹底的に実践する」ことを意味しています。ちなみに筆者の鍵山秀三郎氏はイエローハットの創業者様です。

 

私自身、自己啓発や思考法についての記事の執筆依頼を頂いたり、人の教育や相談をされた際の回答の根源となっている考え方です。

 

今回ここで紹介させて頂いたのはこの後も思考法についての良書を紹介するうえで、何より大切なのは「学んだ思考法を実践すること」だと思っているからです。

 

思考法を学んでも実践しなければただのノウハウコレクターです。

「インプットとアウトプットを繰り返す」という"当たり前のこと"への気付きになります。

 

「継続は力なり」「塵も積もれば山となる」という言葉は誰もが知っていますが、何事も一時的だったり一過性の取組みならできてもそれを積み重ねていくことは努力が必要です。

誰もが知っている言葉を実践したり、何事にも努力が必要であることといった"当たり前のこと"の大切さを考えさせられます。

 

自己啓発や思考法の書籍を読んでいると「知っている」「当たり前」「真新しいものはないな」などと感じることが多々あるかと思いますが、「知っている」ことを実践できているでしょうか。

「分かっているけど、できていないこと」を見つめ直すためにも必要な考え方であると思います。

 

当たり前のことを他の人が真似できないくらい徹底してやれば、誰もあなたのことを放ってはおかないはずですよ。

 

■思考法の代名詞?ロジカルシンキングが分かりやすく学べる本

◇世界一やさしい 問題解決の授業(著:渡辺健介)

 

思考法を学んでいなくてもよく耳にするのが「ロジカルシンキング」。

ビジネスをしていくのに思い付きや行き当たりばったりの出たとこ勝負では人を動かすことはできません。

MECEなども含めロジカルシンキングはビジネスで必要な思考法なので耳にすることが多いのかもしれませんね。

 

そんなロジカルシンキングを本のタイトル通りにやさしく学べるのがこちらの本です。

 

普段本を読まない人でも読みやすく書かれていることもオススメのポイントではあるのですが、直ぐにでも実践できるというところが一番です。

 

ロジカルシンキングを身に付けたい!という人にはもってこいの一冊です。

 

 

■不朽の名著とはまさにこのこと

◇思考は現実化する(著:ナポレオン・ヒル)

 

世界で6億冊という広がりを見せる本書ですので読んだことのある方も多いのではないでしょうか。

もしまだ読んだことがないという方がいましたらこちらは要チェックです。

 

「思考とは?」から始まり、「願望」「信念」「知識」「想像力」「計画」「決断」「モチベーション」についてなどこの一冊で網羅されているといっても過言ではないです。

 

厚みがあるので「げっ…」と思われるかもしれません(私は思いましたが意を決して読みました)

それでも読む価値がこの本にはありますので是非読んでもらいたいです。

 

 

 

■漠然と行動に移していませんか?

◇仮説思考 BCG流 問題発見 解決の発想法(著:内田和成)

 

仮説思考の実践方法について解説されている本書。筆者の体験やビジネスを事例に挙げられているので非常に分かりやすいです。

 

本書では「仮説を立てるスピード」を主軸としていますが、仮設を立てるスピードの向上によってトライ&エラーに時間を避けるほか、問題に対する俯瞰や決断力が養われます。

 

私自身、本書を読むまでは「多分こうだろうなぁ…」と漠然と考えながらも「とりあえず情報を集めよう」と行動をしていました。

無駄な情報を収集しつつも、漏れがあることが怖いため「とりあえず必要」ということで資料が山積していき整理などにも時間を取られる始末。

余計な情報が入ってしまっているためまとまりも悪く非常に効率が悪かったと思います。

 

仮説を正しく立てることで必要な情報を入手、調査をし実行に移すことで正誤の判別が早い段階で確認できるので結果として質や時短にも繋がりました。

 

本書はそんな仮説の真髄を学ぶにもってこいなのでオススメです!

 

■フレームワークを網羅したい人へ

◇グロービズMBAキーワード 図解 基本フレームワーク50(著:グロービズ)

 

"これ一冊あれば大丈夫!"と言っても過言ではありません。

PDCAをはじめ、MECESWOTCAPM、ロジックツリー、バランススコアカード、パレート分析などビジネスをしていくうえで一度は見聞きしたことがあるフレームワークの考え方や使い方が学べます。

 

直ぐに必要ではなくても一読しておくことで「そういえばこんなやり方あったな」と引き出しを増やすこともできますし、必要な際に何度も読み返すことができるので重宝します。

問題解決のフレームワークの良いところは人間の問題や課題解決のための思考法は大きく変わることがないので長く使うことができます。

 

辞典のように使うこともできるので実践向きということでオススメの一冊です。

 

 

スポンサーリンク

■おわりに

いかかがでしたか?

 

名著、良書ということもあり知っている本も多くあったかもしれません。

昔読んだ本でもあらためて読んでみると新しい発見があって面白いものです。

筆者も本記事を執筆するにあたり読み返しましたが初めて読んだ当時には気付けなかったことがたくさんありました。

 

逆に知らなかったという人は多くの人が読んでいる本なので、自己啓発とは言わずとも教養としても読んでおいて損はないかと思います。

 

どの本も「読んだら実行」を繰り返すことであなたの成長にきっと繋がりますよ。

スポンサーリンク
  • 思考法の名著や良書は?おすすめベスト5!
  • ディズニーから学ぶ時間術とは?実践法は?
  • 【時間術の名著って?売れ筋のオススメ本を5冊紹介!】
  • これは読むべき!時間術本のおすすめベスト5!!
  • 厳選!読みやすいオススメの自己啓発本と選び方とは?
  • 大学生にオススメな自己啓発!おすすめの書籍は?
おすすめの記事