• おすすめの本
    20代におすすめ!自己啓発をしたい人におすすめの4つの本とは?
    2018年10月18日
  • おすすめの本
    自己啓発系書籍の選び方のコツ!タイプ別に紹介します!
    2018年10月21日
  • 自己啓発の取り組み方
    他人の自己啓発の取り組み気になる!どんなことしてるの??
    2018年10月21日
  • 自己啓発の必要性
    自己啓発の意味と目的は?メリットとデメリットとは?
    2018年10月18日
自己啓発系書籍の選び方のコツ!タイプ別に紹介します!

自己啓発をしたい、つまり自分自身を高めたり、磨いたりする際に"本を読もう"と思う人も多いことかと思います。

そう考えて書店に行ってみたものの「たくさんあり過ぎてどれが良いのか分からない」なんて経験もあるのではないでしょうか。

"自己啓発"のコーナーがあるほど盛り上がっていますもんね。

 

そんな中で本を選ぶ際に重要なのは"目的をハッキリさせる"ということ。

 

今回は3つのタイプに分けて選び方のポイント(コツ)を紹介していきます。

 

 

自己啓発本は何故人気なの?そもそも自己啓発本の定義とは?
2018.10.24
  自己啓発と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。自分自身の能力の向上?怪しいセミナー?精神論?本屋さんでは自己啓発本コーナーがあったりと、手に取りやすいようになっていたりしてますます人気が高...

スポンサーリンク

■本選びのコツ

出鼻を挫くようで申し訳ないのですが、タイプ別にコツを紹介する前に自己啓発云々抜きで本を選ぶポイントを紹介します。

 

(1)目次を見る

タイトルだけで選ぶと期待していた内容が書かれていないなんて痛い目を見ることがあるので、目次を見て自分が読みたい項目があるのかどうか確認をします。

後述しますが、興味関心を持った項目があれば少し読んでみることをオススメします。

 (2)あとがきを見る

作中で言いたいことやまとめなどが書かれていることがあります。それを読み、本編に自分が得たいものが書かれていそうかどうかを判断します。

ただし、小説などで見てしまうとネタバレする可能性もあるので注意が必要です。

 

(3)少し読んでみる

洋書を日本語訳にしている本などは言い回しが独特で普段読書をしていない人だと読みにくかったりするものです。

それ以外にも"読み易さ"というものは人それぞれあるので購入前に少し立ち読みさせてもらいましょう。

 

オススメの立ち読み方法は"冒頭を少し読んで雰囲気を見る""目次から自分が興味のあるページを少し読んでみる"です。

後者は、目次を見て興味を持って購入したのに「思っていたのと違った」という後悔を防ぐためです。

 

(4)口コミや評価を参考にする

便利な世の中なので、気になる本があれば「〇〇(作品名) 評価」などインターネットで検索すればたくさんの読者の感想や口コミ/評価などを見ることができます。

手元にあるスマートフォンでちょちょいです。

 

(5)その他

同じようなタイトルでどちらか悩んだならば両者を比較して「読み易い」「分かりやすい」「継続しやすい」など「〇〇しやすい」を基準にします。

参考書を選ぶときの感覚と同じです。これに関しては実践している人も多いのではないでしょうか。

 

また、迷ったら「両方購入する」という手もあります。贅沢ですね。無駄遣いのようにも思えます。

ですが、実際に読み比べてみて、どちらの方が分かりやすかったのかを考えてみます。

単純に「こっちの方が良かった」では意味がないので、"なぜ良かったのか"言語化できるようにしてみると良いと思います。

そうすることで本選びの基準が自分の中で作られていきます。

 

本選びのポイントが分かったところで、以降は自己啓発系にフォーカスしてポイントを見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

■"長所を伸ばしたい"タイプ/"短所を克服したい"タイプ

長所と短所は表裏一体ということで、ひとまとめに紹介します。

自己啓発をするにあたって自身の長所と短所を理解するために自己分析をします。

 

得意なこと、苦手なこと、人それぞれにあるかと思います。

その時々に合わせてどちらを選択したら現状からより大きな変化を得られるのか天秤にかけて解決できる本を探します。

 

 

スポンサーリンク

■"見識を広げたい"タイプ

見識を広げる際も「既存知識の見識を広げる」のか「全く知らない新ジャンルの見識を広げたい」のかによって選び方が変わってきます。

 

(1)「既存知識の見識を広げる」

たとえば、今あなたが読んでいる本があるなら、その本の中で「知らない単語」や「言葉は知っているけど説明できない単語」について調べていきます。

インターネットで調べて完結しても良いですが、そこで興味を持てたなら本を購入して深めるのも良いかと思います。

例に例を重ねますが、今ここでは"本の選び方"について書いていますが、後述で出てくる"マインドマップ(知っている人がほとんどだと思いますが)"は一見本の選ぶコツには関係の無さそうな分野に思えます。

そもそも「マインドマップってなんぞや」という人もいるかもしれません。

調べてみたら面白そうなのでマインドマップをより深く知るために本を購入する、といった具合です。

 

また、あなた自身と"反対意見の本"を読んでみるのも面白いです。この反対意見の本を読む際は"受け入れる心"を持って読むのがコツです。

反発した気持ちで読むと得られるものも得られません。

 

 

(2)「全く知らない新ジャンルの見識を広げたい」

無作為にジャンルを選ぶのも良いですが、どうせ新ジャンルを発掘するのであれば自分の興味があるものが良いですよね。

そんなジャンルを見付けるために"マインドマップ"を利用してみると見付けやすいかもしれませんので参考にしてみて下さい。

「こんなところに繋がるんだ」と新しく面白い発見があるかもしれません。

 

 

■NGな自己啓発本の選び方

自己啓発のための本を選ぶ際にやらない方が良いNG行為は冒頭にも書かせていただいたものとは真逆の"目的を持たずに選ぶ"ことです。

 

なんとなく自己啓発をしたいなぁ…なんて思い書店に足を運び、「タイトルが面白そうだから」というぼんやりとした理由で選んでしまうと失敗します。

もしそんな状態であるならば、やり方を学ぶHow To本ではなく目的を探せるような書籍を選ぶべきです。

 

目的(目標)が不明瞭な状態では選ぶこともできないので、最低限「どんな目的があって」「自分がどうなりたいのか」などというところまで落とし込んでから選ぶようにしましょう。

自分が今どのステージにいるのかをしっかり認識することが重要です。

 

自己啓発が好きな人や自己啓発本ばかり読む人の特徴とは?
2018.10.25
  自己啓発とは、自分でも気づいていない心や能力の成長を目標にすることです。皆さんの周りには、積極的に自己啓発本を読んでいる人はいませんか?何故そんなに興味を持っているのか疑問に思うかもしれません。こ...

 

■おわりに

目的を持ち意識して読むのとでは文章の印象が大きく異なります。

国語のテストで"作者の気持ちは次のうちどれか"という設問で選択肢を見てから本文を読み直すと、文章の感じ方が違うという経験をしたことがあるかと思います。

前後の文章を読んで答えを探しにいきますよね。あの感覚に近い気がします。

 

こうして今回自己啓発に関する本の選び方のコツについて書いてきましたが、ポイントを頼りにしつつも自分なりの本の探し方などを考えていくのも楽しいものです。

 

ここまで読んでくださった方が少しでも良い本に出会えるお手伝いができていたら幸いです。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 思考法の名著や良書は?おすすめベスト5!
  • ディズニーから学ぶ時間術とは?実践法は?
  • 【時間術の名著って?売れ筋のオススメ本を5冊紹介!】
  • これは読むべき!時間術本のおすすめベスト5!!
  • 厳選!読みやすいオススメの自己啓発本と選び方とは?
  • 大学生にオススメな自己啓発!おすすめの書籍は?
おすすめの記事