• 自己啓発の必要性
    自己啓発の意味と目的は?メリットとデメリットとは?
    2018年10月18日
  • おすすめの本
    自己啓発系書籍の選び方のコツ!タイプ別に紹介します!
    2018年10月21日
  • おすすめの本
    20代におすすめ!自己啓発をしたい人におすすめの4つの本とは?
    2018年10月18日
  • 自己啓発の取り組み方
    他人の自己啓発の取り組み気になる!どんなことしてるの??
    2018年10月21日
20代におすすめ!自己啓発をしたい人におすすめの4つの本とは?

20代となると社会に出て働いている人がほとんどだと思います。

学生を卒業し社会人となったばかりの人や、働き始めて数年経ち仕事にも慣れてきた人など成長する年代ですので自己啓発をしたいと考えている人も多いです。

 

そんな成長できる20代の頃に私が読んで"実際に役立った"と感じている自己啓発の本を数点ご紹介します。

自己啓発の意味と目的は?メリットとデメリットとは?
2018.10.19
「自己啓発」とは、自分自身で自己の能力や心の成長を促すために行う行動です。最も一般的なのは読書ですね。そこから知識や考え方、能力の伸ばし方を学べる書籍がたくさん販売されています。   学生時代であれば...
自己啓発系書籍の選び方のコツ!タイプ別に紹介します!
2018.10.25
自己啓発をしたい、つまり自分自身を高めたり、磨いたりする際に"本を読もう"と思う人も多いことかと思います。 そう考えて書店に行ってみたものの「たくさんあり過ぎてどれが良いのか分からない」なんて経験もあ...

 

スポンサーリンク

■自己啓発の目的

人によって目指すところは様々だと思いますが、「自己の能力開発」「大きな成功」「充実した生き方」など自己啓発は総じて"自己の成長"のための活動です。

 

書籍というところで見ると"How To"にばかり目に入ってきますが、上記のように捉えると自己成長の目的に即していれば立派な自己啓発だと私は考えます。極端な話、漫画や小説でも自己啓発の書籍だと言えると思っています。

 

今回はビジネス、特に企業に所属している人(これから所属する人)にフォーカスして書籍を紹介していきます。ビジネスにおける考え方や男性/女性による働き方など、大切なことって残念ながら学校ではほとんど教えてくれないですよね。

 

自ら勉強(自己啓発)していかないといけないと危機感を持ち、本を読んで学ぶ人が多いのですが、その多くの人がそこで失敗するのが「本を読んで満足してしまう」です。

いわゆる"ノウハウコレクター"と言われる人たちです。

 

スポンサーリンク

■"ノウハウコレクター"で終らないためには実践あるのみ

ここで紹介するのが次の2冊。

 

◇「マッキンゼー流 入社1年目 問題解決の教科書(著:大嶋 祥誉)」

◇「マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか(著:大嶋 祥誉)」

 

男性女性問わず20代の人にオススメです。

うち1冊はタイトルにもなっていますが、特に社会人になりたての人(これからなる人)は読んでおいて損はないです。

考え方や問題解決の方法を学べるのはもちろん、この2冊が優れているのは「直ぐにでも実践できる」ということ。

 

考える頭とノートとペンがあれば始められます。

精度の高いものがいきなりできるわけがありませんが、直ぐにでも真似ることができます。

 

両書籍のようにロジカルシンキングや問題解決を学び実践を繰り返していくことが大切で、本(How To)を読んだ意味も生まれます。

やり方だけ知っていても使わなければ意味ないですもんね。

 

ここできちんと行動に移せる人は変われますし、"また今度"としてしまう人は残念ながらノウハウコレクター行きとなってしまう可能性が非常に高いです。

 

自己啓発の本を読むうえで大切なのは、内容に共感できなかったり違う意見(考え方)であってもまずは受け入れ試してみる愚直さだと私は考えています。

20代で社会人に成り立てであれば尚更です。共感できなくても視野を広げる目的を持ってみてください。

 

また、両書籍とも筆者が女性ということもあり、読者の女性にとっては書籍の内容だけではなくビジネスの世界において1つのロールモデルともなり得るので非常に学びが多い書籍です。

スポンサーリンク

■あなたなら無料(フリー)でどうやって稼ぎますか?

いきなりの質問ですが、あなたは"無料(フリー)"から利益を生み出せますか?

それを考えさせられるのが次の本です。

 

◇「FREE 無料からお金を生み出す新戦略(著:クリス・アンダーソン)」

 

少し古いのですが今読んでも非常に考えさせられる本です。

本項冒頭での質問に対して即答できなかった人は"自分ならこうする"と考えてみると面白いです。

考えるうえで、先ほど紹介した本で学んだロジカルシンキングやノートの使い方で臨むのも良いですし、別のアプローチで自分なりの答えを探しにいくのも良いと思います。

 

読んで「ふーん…」で終わらないことが大切ですし、ビジネスを考えていくうえで良い自己啓発になります。実際に利益が出せるかどうかは置いておくとして、「男性ならでは(俺ならこうする)」「女性ならでは(私ならこうする)」など様々なビジネスが生まれると思います。

 

そんな学びが得られる書籍です。

■問題解決にはアイデアが必要

特にビジネスにおいて新規事業を考える(前述したような"無料で利益を出す"など)にはアイデアが必要です。

そんなアイデアを出すためのヒントがたくさん詰まっているのが次の本です。

 

◇「アイデア大全(著:読書猿)」

 

単純に内容が面白いのですが、こちらの良いところは前述してきた書籍同様、読者に取り組みをさせてくれるところ。

アイデアの作り方を学ぶことで、それはもうあらゆるシーンで活躍します。

 

ビジネスだけでなく日常生活でもアイデアを持って(考えて)過ごすと物事の見え方が変わってくるものです。

 

■大切なのは実践すること

ここまで数冊紹介してきましたが、どの本を読んでも大切なことは"実践すること"です。

 

実践することの大切さについては上述したオススメ書籍の紹介のなかでも書かせていただきましたが、本を読んでいると「それは知ってる」「それは分かっている」「そんな簡単なこと…」などと思うことも多々あるかと思います。ですが、その「知ってる」「分かっている」「簡単なこと」を普段から意識して実践することができていますか?

 

"凡事徹底"という言葉がありますが、「知ってる」「分かっている」「簡単なこと」といった誰もが知っている当たり前のことを人が真似ができないほど徹底してやるだけでも人と随分と差が付くものです。

 

自己啓発の書籍は書店でもコーナーを設けるほどたくさん出版されていますが、真新しいことが書かれている書籍は実は少ないのです。アイデアでたとえるなら、そのほとんどが既存のモノの組み合わせでしかないのと同じです。

 

なので「知ってる」「分かっている」「簡単なこと」であっても"なるほど"と興味関心を持って実践していきましょう。

他人の自己啓発の取り組み気になる!どんなことしてるの??
2018.10.21
自己啓発って個々人で取り組むことが多いので「他の人は実際どんなことをやっているのか」「自分とどう違うのか」など気になったりしますよね。また、同じ取り組みであっても目的や理由、意識なども違うことと思います。 ということで筆者が自己啓発で取り組んでいることをご紹介します。  自己啓発の取り組み方 ■イン...

 

■おわりに

自己成長に近道はありません。

自己啓発の書籍を読んだからといって、いきなりビジネスシーンで飛躍的に伸びるなど劇的な変化はほとんど望めないのが現実です。

 

ゼロにどんな数字を掛けてもゼロであるように、まずは1という土台を地道に作っていかなければなりません。

ダイエットと同じで、本当に"ラクして痩せられる"のであれば世の中肥満に悩まされている人なんていないですよね。

 

地道な努力の積み重ねはキツくて大変ですが、塵も積もれば山となる精神で頑張っていきましょう。

ここまで読んでくださった方に何か得たものがあれば幸いです。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 思考法の名著や良書は?おすすめベスト5!
  • ディズニーから学ぶ時間術とは?実践法は?
  • 【時間術の名著って?売れ筋のオススメ本を5冊紹介!】
  • これは読むべき!時間術本のおすすめベスト5!!
  • 厳選!読みやすいオススメの自己啓発本と選び方とは?
  • 大学生にオススメな自己啓発!おすすめの書籍は?
おすすめの記事